腰痛を改善するためにはストレッチだったり、寝具の変更やまくらの変えたりなどいろいろな方法がありますよね?

今回は腰痛改善のための筋トレ方法をご紹介します。

お年寄りでも簡単にトレーニングできるような方法を紹介していますのでご覧ください。

腰痛改善のための筋トレ:プランク

初級でとても簡単に腰痛改善することができる筋トレの1つにプランクがあります?

プランク?と聞き慣れないワードかもしれませんが簡単ですので難しく考えずにおこなっていきましょう。

プランクとは腕をついて、つま先と腕で体を支えてその状態をキープする筋トレになります。

プランクのやり方

  1. 肘とつま先を床につけた状態で体を一直線にするイメージでキープする
  2. これをまずは10秒キープできるように回数は3回

ポイント

  • 基本的に無理はしないでください
  • お尻が上がったり、下がりすぎたりすると腰に負担がかかってしまうので注意してください
  • 体をまっすぐに保つためにスマホのカメラでムービーを取ったり鏡の前で行うと自分の今の状況を理解しやすいと思います
  • 目線、頭の向きは前を向きたがる人がいますが、拳付近を見るようにすることで自然と正しいフォームでプランクを行うことができるのでおすすめです!

このようなポイントを抑えてプランクを行ってください。

プランクで鍛えられる筋肉は?

プランクで鍛えることができる筋肉は

  • 腹直筋
  • 脊柱起立筋

この2つをメインに鍛えることができます。

腹直筋とは簡単にいいますと腹筋です。

体を垂直にする時などに使う筋肉になります。

脊柱起立筋は背骨に沿うようにできている筋肉になります。

加齢とともに腰が曲がってきたりしますよね?これは脊柱起立筋が衰えているからです。

そのため腰痛を改善するには重要な筋肉になるため鍛える必要があります。

プランクではこの2つの筋肉を鍛えることができます。

プランクで腰痛が改善される理由

なぜプランクという筋トレをすることで腰痛を改善することができるのか?

その理由ですが、プランクでは腹直筋と脊柱起立筋を鍛えることができるって先程説明しましたよね?

腰痛が起こる原因は、腹筋か背筋が衰えているからです。

そのためどちらかを鍛える必要があるのですが、どちらか一方だけ鍛えると腹筋と背筋のバランスが崩れてしまって逆に腰痛の原因になることがあります。

ですがプランクだと腹筋も背筋も同時に鍛えることができるため、不足している筋肉のどちらかを鍛えながらバランスを整えることができるので腰痛改善にはおすすめされている筋トレの1つになります。

そのためプランクで腰痛を改善することができると言われている理由になります。

まとめ

腰痛を改善する筋トレ方法の1つであるプランクのやり方やポイント、なぜ腰痛が改善するのか?などを詳しくご紹介しました。

腰痛で悩まれている方はぜひ試してみてください!すこしは改善の兆しが見えてくるかもしれませんよ。

やって損はないので試してみてくださいね!

腰痛改善方法の関連記事
  • オクラ水で腰痛が改善するという驚きの事実!腰痛持ち必見
  • 腰痛を改善するための筋トレプランク編(初級)
  • 腰痛を改善する4つのストレッチ方法!試してガッテンでも紹介
おすすめの記事