モットンは怪しいや悪評などちょっと評判が悪い噂を聞くこともあると思います。

ではなぜモットンにはそのような悪い噂がネット上に存在するのか?

モットンが怪しいと言われている理由がありますのでご覧ください。

モットンが怪しいと言われる2つの理由

製造国が中国という怪しさ

私達日本人は製造国や原産国などを他の国の人に比べるとチェックする事が多いと思います。

特に食品なんかだと中国だと買わない主婦の方もいるぐらい衛生的な印象が悪いのも事実。

ニュースなどでも中国で作られている食品は信用できないなど多くの悪いイメージがあると思います。

そんな悪いイメージのある中国でモットンは製造されているため怪しいと思われているのが1つの目の理由になります。

ですがモットンに使われているウレタンフォームはNASA(アメリカ航空宇宙局)が開発したウレタンフォームをベースに徹底的に日本人の体に合わせて研究、開発された腰痛対策マットレスです。

このウレタンフォームの特徴は通常のウレタンフォームよりも通気性が優れていて、ウレタン特有のデメリットを解決しているのが特徴です。

また人の体温や体圧によって変化し、ベストな状態で体圧を分散してくれます。

生産されている国は中国ですが、マットレスそのものはしっかり品質の高いものということがわかります。

日本製のマットレスに比べるとすこし怪しいというか残念なポイントでもありますね。

公式サイトのお問い合わせがメールのみ

モットンジャパンの公式サイトのお問い合わせには電話がなくメールしかないため怪しいという意見もありました。

大きい会社になるとそれだけ人も多いですしお金もあるので電話対応できるスタッフもいると思いますがモットンジャパンを運営する株式会社グリボー様はベンチャー企業ですでのそこまで大人数のスタッフはいないためだと思います。

そのためメールのみのお問い合わせしかないのだと思います。

ですが交換、欠品に関しては電話でのお問い合わせが可能になっています。

ですので電話番号がないからと言って怪しいとは考えづらいですね。

交換、欠品に関しては電話番号もありますので安心して問題ないと思います。

まとめ

モットンが怪しいと言われている意見もありますが、

口コミでも長年悩んでいた腰痛が軽減されたなどの口コミが多くモットン自体の評判はかなり良いイメージです。

製造国が中国というところは不安な点ではありますがモットンという商品自体はしっかりしたマットレスですし、試してみればその良さを理解できると思います。

怪しい怪しい言われていますが私も買ったことがある側からすると全く怪しさを感じる点はありません。

さらに怪しいと感じたことも一切ないです。変な電話も着たことがありませんので怪しさは一切ないと思っていただいて大丈夫です。

怪しいと言われているのは製造国が中国だからだと思いますよ。

あなたが知らないだけで身の回りのものは血行中国で製造されていますからね!

ソニーなんかもMADE IN CHINAですよ。

モットンの関連記事
  • モットンの耐久性と耐久年数について!これは凄い
  • モットンが怪しいと噂される2つの理由!
  • モットンの取扱店一覧|店舗によっては3万円の価格差が!
おすすめの記事