腰痛に悩んでいるあなた。

こちらの記事ではそんな腰痛に悩んでいる方のために試してガッテンでも紹介されたおすすめのストレッチ方法をご紹介したいと思います。

痛みに耐えられない方はまずはだまされたと思ってやってみてください。

それでは以下でご紹介します。

腰痛改善4つの最強ストレッチ方法

ストレッチを行う前に注意点などがありますのでまずはこちらをご覧ください。

  1. ストレッチは無理のない範囲で行ってください。なぜならストレッチのせいで体を痛めたり逆に怪我の原因になる場合があるためです。なのでリラックスした状態で行ってください。深呼吸をしながら体のちからを抜き、痛いところの少し手間までと決めて行いましょう。
  2. ストレッチする場所ですが硬いフローリングなどはではなく、布団や絨毯、毛布の上などで体を痛めないように行いましょう。
  3. 入浴後などに行うと体が温まっているので効果アップが期待できます。寝る前なども安眠効果が期待できるのでおすすめ。基本的には夜行うようにしてください。

 

  • 基本的には無理の内範囲で行ってください。
  • ストレッチ後痛みなどが発生した場合はすぐに中止して様子を見てください。

腰ねじりストレッチ

方法

  1. 片方の手で片膝を押さえ、もう片方の手は頭の上方に置く。 肩やひざが床につかなくても力を入れず、無理のない範囲で。
  2. この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。これを左右1回ずつ×3セットが目安です。

 

目標:肩とひざが床から離れないようになること。

基本は無理をしないでおこなってください。

ちょっと気持ちいところでキープするのが重要です。

一番最初から無理をすると次の日できなくなってしまう可能性もありますので長期間継続するのが大切ですので無理は禁物です。

肘立て膝曲げストレッチ

方法

  1. うつ伏せから、ひじを立て、続いてひざを曲げる。この状態で痛みが出る人は、まずは、 ひじ立てのみでも構いません。無理のない範囲で。
  2. この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったらうつ伏せに戻る。3セットが目安です。

目標:痛みや硬さを感じなくなること。

テレビを見ているときなどに暇な時間を使って試してみてはいかがでしょうか?

特に腰痛持ちの方はちょっと痛みが出る可能性もあるので注意。

ひざ抱えストレッチ

方法

  1. まず、この写真のように、背中を起こさず、片手で片ひざずつ抱えるようにしてください。 そうして両手の指を組んで、両ひざを抱えます。
  2. その状態で両手以外の全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったらひざを立てたままあお向けに 戻る。3セットが目安です。

目標:太ももが胸につくこと。

しっかり深呼吸して行うことでリラックス効果がアップします。

リラックス効果がアップすることで睡眠の質も高まりますのでおすすめです!

私は一番これが気持ち良くて好きですよ。

タオルで足上げストレッチ

  1. ひざを立てひざ小僧にタオルをかける。続いて、タオルを片足のつま先に引っかける。
  2. ひざを伸ばしたまま、手の力でゆっくりと脚を持ち上げる。ひざを伸ばすのが難しい人は 大きめのバスタオルを使用してください。また、反対側の脚のひざを立てて行っても 構いません。
  3. この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったら足を下ろす。 これを左右1回ずつ×3セットが目安です。

 

目標:下ろしている脚のひざを伸ばした状態で、上げている足裏が天井を向くようになること。

こちらはお風呂上がりのバスタオルを活用して行うのがおすすめ。

わざわざタオルを用意しなくてもバスタオルなら毎日使うものですので!

まとめ

腰痛改善の4つの最強ストレッチをご紹介しました。

あなたもぜひチャレンジして腰痛をすこしで良くしていただければと思います。

なんでも良いのでいいと言われているものは片っ端から試すの価値ありだと思います。

何もしないと良くなりませんのでまずは一歩一歩前進あるのみです!

腰痛改善方法の関連記事
  • オクラ水で腰痛が改善するという驚きの事実!腰痛持ち必見
  • 腰痛を改善するための筋トレプランク編(初級)
  • 腰痛を改善する4つのストレッチ方法!試してガッテンでも紹介
おすすめの記事